年会費無料のゴールドカード比較ランキング

年会費無料のゴールドカードランキング

ゴールドカードは、サービスが多彩で機能が充実しているのが魅力的です。しかし、一方では、クラシックカードよりも年会費が高額というネックがあります。

 

クラシックカードの場合は、入会金や年会費無料のサービスで会員を募っている場合が多いものです。しかし、ゴールドカードで年会費がかからないところはそうそう聞きません。大体、年間1万円以上の年会費が徴収される場合が、ほとんどでしょう。

 

それだけカードの特典も多く、ステイタス価値の高いカードですから、年会費を払ってでも持ちたいと思う人も多いのです。ただ、中には、初年度の年会費を無料にしているゴールドカードがあります。そんなゴールドカードを紹介していきましょう。

 

・MUFGゴールドカード
MUFGといえば、三菱UFJニコスから誕生したカードブランドです。そんなゴールドカードは、数あるクレジットカードの中でも年会費の低さでは群を抜いています。初年度の年会費も無料で、2年目以降の年会費も抑えられています。

 

2年目以降の年会費が2000円なんて、ゴールドカードとは信じられませんよね。もちろん、各種カード付帯保険や24時間年中無休のコールセンター対応などのサービスは充実しています。家族会員も1名までは無料となり、2人目以降は1人につき420円の年会費と格安です。

 

家族みんなで使用すれば、ゴールドカードといっても年会費はないに同然です。利用限度額は、10万円〜200万円まで。ゴールドカード特有の機能とサービスを兼ね備えて、この年会費は他に類を見ない新しさです。

 

・JCBゴールドカード
JCBは、老舗級の日本ブランドのクレジットカードです。カード付帯保険が充実しており、国内外旅行の損害保険は特に抜群です。国内では最高5000万円、海外では最高1億円の補償額ですから、安心この上ないですね。

 

また、全国の主要空港でラウンジを無料で利用できたり、JCBプラザが海外旅行を日本語でサポートしてくれるなどの旅行特典が多いのが自慢です。今なら、期間限定の初年度年会費無料キャンペーンがあり、次年度以降も本会員で10500円とゴールドカードにしては割安です。

 

・シティゴールドカード
シティカードは、世界トップクラスの発行枚数を誇るクレジットカードです。世界2800万店以上の施設で利用できる他にも、海外や国内旅行保険を最高1億円まで補償してもらうことができます。

 

また、シティポイントは、シティゴールドカードの利用金額に応じて貯まるポイントシステムです。
ポイントの有効期限がないため、じっくりポイントを貯めることができます。今なら、特別入会キャンペーンを行っており、入会後3ヶ月以内の10000円以上カードを利用すれば、初年度年会費が無料になります。

 

30万円利用相当分にあたる3000ポイントがプレゼントされるのも、特典です。通常の年会費は、12600円になります。

 

この他、条件付きで年会費が永久無料になるゴールドカードもあります。例えば、大手のイオンが提供するイオンゴールドカードなら、年会費が永久無料です。イオンゴールドカードを入手するには、まずイオンスタンダードカードに入会します。

 

年間100万円以上のカード利用実績を作ると、次年度に招待としてインヴィテーションが送られてきます。すると、イオンゴールドカード入会の資格が与えられるのです。

 

インヴォテーションが送られてくれば、ゴールドカード入会の審査も不要同然です。スタンダードカードを作り、年間100万円以上の利用をする必要はありますが、何でもイオングループを利用するようにすれば普通の人でも難しくないかもしれません。

 

もちろん、そうでない場合でも、1万円程度の年会費を払えば、ゴールドカードを入手できるチャンスはあります。

 

インシュリン注射による血糖値低下と糖尿病治療

 

インシュリン注射をして糖尿病の治療を行う方法があります。人間は元々インシュリンが分泌されているのですが、糖尿病になってしまうと、このインシュリンが分泌されてしまうことで引き起こされてしまうのです。

 

そのため、血糖値を低下させて糖尿病の進行を食い止めるためにインシュリン注射が行われているのです。しかし、インシュリン注射も薬剤であることには変わりないわけですから、副作用の心配をする人もいるでしょう。

 

確かにインシュリン注射は全く副作用がないというわけではありません。例えば、低血糖症が挙げられます。血糖値を低下させるためにインシュリン注射をするわけですが、予想以上に血糖値を下げてしまい、低血糖症を発症させてしまうのです。低血糖症になってしまうと、最悪昏睡状態になってしまったりします。

 

適度な下げ方を望む場合は血糖値の低下作用をもつサプリメントを取り入れると良いでしょう。中でも天然のインシュリンともいわれるイヌリンを含んだ製品が注目されています。

水素の嘘と本当の話

 

様々な効果を持つと言われている水素水ですが、曖昧なままの情報もかなり出ています。皆さんが持っている水素水への疑問をいくつか上げ、解明していきましょう。

 

まず水素水というのは水素含有量が高いほど効果が高いのかという疑問です。一定の含有量はやはり必要といえるようですが、含有量が高ければ高いほど効果があるとは言い切れない所があるようです。では水素水を飲むと便秘は治るのかという人がいますが、これは医学的に解明されていませんし、発表もされていませんから、はっきりと効くとは言えません。水素水よりも水素サプリがおすすめです。参考:http://xn--nckgn0lsdf8db8267kzm9a.jp/

 

では尿の量は増えるのでしょうか。水素水は摂取すると活性酸素と結合して水となりますから、尿となることも考えられますが、水素水に含まれる水素の量はわずかですから尿に影響するものでは無く、尿が増えたとすると水分を摂った結果だといえるでしょう。

 

では汗はどうでしょうか。水素水を摂るようになると、汗が出やすくなります。人は60兆個を超える細胞から成り立っているのですが、この細胞内にミトコンドリアというエネルギーを作り出す器官があります。ミトコンドリアは食事からの糖分と、呼吸からの酸素でエネルギーを作り出していますが、その時に活性酸素が発生し、その中に悪玉活性酸素があります。

 

水素水を飲むことでこの悪玉活性酸素を取り除く事が出来る上、細胞内のミトコンドリアが産出するエネルギー(ATP)量が30%増加すると言われています。このATPと呼ばれるエネルギーが別の物質(ADP)になる時に発生するエネルギー消費によって体温が上昇し、

 

そのサイクルによって発汗が促されていると思われます。アレルギーが治るというのは、水素が持つ活性酸素を取り除く働きによる、抗炎症や抗酸化作用によっての症状の軽減やある程度の改善は期待が持てるでしょう。

 

ですが完全な完治という訳ではないのは心に留めておかなければいけない点です。ペットボトルの水素水については、水素は分子の中でも最も小さく軽量なため、容器から抜けてしまいます。それは他の容器でも同じで、1番抜けにくいとされているのはアルミパウチ型の容器ですが、常に水素を発生させている仕組みで無い限り、ある程度水素が抜けてしまうのは避けられないのが現状です。意外と聞く事の多い水素水についての効能ですが、しっかりと自分で確かめてみる事も必要だということでしょう。

ゴールドカードガイド

ゴールドカード一覧

コンテンツ

最新記事